レトロ♪裏千家 椿と白梅茶扇子 インテリアにも

レトロな雰囲気たっぷりの茶扇子です
金色を背景に、椿と白梅が描かれ、雅な中にも素朴さのあるお品です
要部分の留め具が緑色で可愛いです

茶扇子とはお茶の席で使われるお道具のひとつで、
もてなす方の「亭主」ではなく、客側が使うものです

普通の扇子のように、風を送るために使うのではなく
入室するときのご挨拶の時や、お道具や床の間などを拝見するときに、
膝の前に置いて「結界」を作る役割をするそうです

結界をつくることで、相対するものや人を敬う心を表すのだとか
お茶の世界は奥深いですね

表千家と裏千家では、お茶扇子のサイズが異なるそうです

こちらは裏千家用と思われる 5寸サイズの小ぶりな お扇子です
お茶席で使う以外にも、お部屋のインテリアとしても
素敵だと思います

経年による変色がうっすらありますが、シミ・汚れなく大変綺麗な状態です
海外へ行かれる機会がありましたらお土産にもよいと思います

装いもの のカテゴリーにいたしましたが、アイデア次第で
楽しんでご活用いただれば嬉しいです

※箱はありません 緩衝材にしっかり包んで>普通郵便でお届けいたします

【サイズ】 閉じた状態 長さ 約15.0cm 開いた状態 幅 約25.0cm
販売価格 700円(内税)
購入数


Ranking

About the owner

ちえ

群馬県桐生市の街中、築91年の小さな家で古物雑貨の店を営んでいます。桐生市は織都ともいわれる歴史ある街。古い建物や手仕事がいっぱいです。淡竹89にはレトロなガラス器、漆器、瀬戸物、謎グッズ、リサイクル着物、ビーズバッグ、前掛けなど。店主が楽しい!と思ったものが集まっています。我楽多、素敵です!宝探し感覚で、実店舗、ネットショップを楽しんでいただけたら嬉しく思います。桐生散歩のご案内も致します。どうぞごひいきに♪
実店舗】 群馬県桐生市宮本町1-7-18(群馬のへそ「お散歩委員会」様にご紹介いただきました)

Top