サーモンピンクがロマンチック♪ ディプレッションガラス小皿

表示は1枚のお値段です。在庫3枚ございます

ディプレッションガラスとは、1930年代頃アメリカで庶民に愛されていたカラフルな色ガラス器です
ディプレッションは直訳すると、不況・憂鬱・意気消沈など。
こんな可愛いガラス器にどうしてネガティブな言葉がついたのでしょうか??
これは1929年に起こったアメリカのバブル崩壊(世界恐慌)に由来するそうです
経済的に大変な時代に、リーズナブルなお値段、おまけ商品になっていたのが
ディプレッションガラスだそうです
きっと、ガラス器の明るい色に勇気と元気をもらった人が多かったと想像します
安価な食器だったため気楽に使われ、逆に現代では状態の良いものが希少となっています

優しいサーモンピンク、中央に書かれた葡萄の模様も繁栄の願いが込められているようで素敵なお皿です
ところどころに小さな気泡も♪
割れ欠けヒビなどのない状態の良いものですが、経年によるスレや曇りはございます

歴史ある古いものであるとご理解いただける方に使っていただけたら嬉しいです
3枚入荷
全て同じ状態ではありませんが、同程度です

箱はありません
緩衝材で包んでお届けいたします

【サイズ】 直径 約12.5僉々發機奮粟1錣旅發機北鵝3.0

【配送サイズ】 60

販売価格 1,400円(内税)
SOLD OUT

Ranking

About the owner

ちえ

群馬県桐生市の街中、築91年の小さな家で古物雑貨の店を営んでいます。桐生市は織都ともいわれる歴史ある街。古い建物や手仕事がいっぱいです。淡竹89にはレトロなガラス器、漆器、瀬戸物、謎グッズ、リサイクル着物、ビーズバッグ、前掛けなど。店主が楽しい!と思ったものが集まっています。我楽多、素敵です!宝探し感覚で、実店舗、ネットショップを楽しんでいただけたら嬉しく思います。桐生散歩のご案内も致します。どうぞごひいきに♪
実店舗】 群馬県桐生市宮本町1-7-18(群馬のへそ「お散歩委員会」様にご紹介いただきました)

Top