アンティーク 漆塗小物入れ 百人一首

昭和20年代頃のものと思われる漆塗の小物入れ
もとは工芸品の煙草盆セットの一部だったと思われます

蓋部分は百人一首の札模様

山部赤人「田子の浦に うち出でてみれば 白妙の(富士のたかねに雪は降りつつ)」
こちらには富士山が

河原左大臣「陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに (乱れそめにしわれならなくに)」
こちらには忍草が

描かれていてわかりやすくも素敵です

古いものなので、漆の剥がれや欠けがございますが、箱自体にダメージはないので
まだまだお使いいただけると思います

中はラメが入ったようにキラキラしています

古いアンティーク品とご理解いただける方に、小物入れ等、アイデアを活かして使っていただけたら嬉しいです
箱はありません
緩衝材で包んでお届け致します

【サイズ】 蓋をした状態 縦×横 約13.0僉10.0僉々發機〔4.0

【配送サイズ】 60

販売価格 2,100円(内税)
購入数


Ranking

About the owner

ちえ

群馬県桐生市の街中、築91年の小さな家で古物雑貨の店を営んでいます。桐生市は織都ともいわれる歴史ある街。古い建物や手仕事がいっぱいです。淡竹89にはレトロなガラス器、漆器、瀬戸物、謎グッズ、リサイクル着物、ビーズバッグ、前掛けなど。店主が楽しい!と思ったものが集まっています。我楽多、素敵です!宝探し感覚で、実店舗、ネットショップを楽しんでいただけたら嬉しく思います。桐生散歩のご案内も致します。どうぞごひいきに♪
実店舗】 群馬県桐生市宮本町1-7-18(群馬のへそ「お散歩委員会」様にご紹介いただきました)

Top